革製品のお手入れ方法

天然皮革はお使いいただくほどに、表情が変化しエイジングがお楽しみ頂けます。

オイルメンテナンス

まず製品をご使用いただく前に、革の表面全体に保革用のオイル(レザークリスタル等)を塗っていただくことをお勧めします。
また、ご使用いただく中で表面が乾燥した際にも保革用オイルをご使用ください。オイルを塗る度に、色が濃くなり表面にツヤが出てくる革独特の変化をお楽しみいただけます。

1.ブラッシング or 乾拭き

表面には目に見えないホコリなどがたまっています。
オイルが均一に染み込むように軽くブラッシングか柔らかい布で乾拭きをしてください。

2.オイルを塗りこむ

ごく少量をスポンジか柔らかい布にとり、 全体に薄く均等に塗ります。
革によっては色が濃くなりすぎてしまうこともありますので、目立たない底部から塗り始めてください。

3.油分を浸透させる

オイルを塗った後は、ベタベタしたり色が濃くなっている状態になります。中の繊維まで染み込むように、1時間位おいておきます。

オイル塗りの頻度について

革鞄は約1か月に1回程度、オイルを塗り込んでください。頻繁に行っても問題はございませんが、繊維まで油分が補えているとそれ以上は浸透はされません。
冬場や乾燥の激しい時期には、頻度を上げてご利用ください。

防水スプレー/雨の日の前のお手入れ

強い雨の日などには防水スプレー(アメダス)をかけることをお勧めします。
防水スプレーは摩擦により効果が薄れてしまいますので、一緒にオイルケアをする場合にはオイルケアをした後でお使いください。

1.容器をよく振る(屋外で行ってください)

吸い込むと危険ですので、必ず屋外で使用してください。

2.均一にスプレーする

バッグから30cm程度離して、表面が軽く濡れる程度に均等にスプレーします。
かけすぎるとシミになる恐れがあります。目立たない底面などでテストしてからご利用ください。

3.革を乾かす

表面の色が元に戻るまで乾かします。

革製品以外にも帆布にもお使いいただけます。

防水スプレーをかけていなく、水に濡れてしまった場合

乾いたタオルで叩くように拭いてください。
時間が経つと輪ジミができてしまうことがあります。濡れてしまった場合には早急な対処をお勧めします。

キズがついた場合

表面上のかすかな爪キズなどであれば、オイルを浸透させることで比較的目立たなくなります。
ただし、深いキズなどは消すことができません。味ととらえてお使いいただくことで、より愛着の増すバッグへと変化してくれると思っております。

お手入れ用品はこちらからお買い求めいただけます

保革用のオイル/COLUMBUS(コロンブス)レザークリスタル100g
防水スプレー/COLUMBUS(コロンブス) ウォータープルーフスプレー180ml